カテゴリー: お勧め商品

スポーツ事故対策マニュアル

競技者、指導者、監督、顧問、施設管理者、保護者といったスポーツに関わるすべての方に

スポーツ事故を未然に防ぐ対策と、万が一事故が起こってしまった際の対応がこの一冊に

<本書の内容>

弁護士が各種目の競技団体などからヒアリングを行い、事故事例、事故判例を収集分析。法律の専門家としての立場から、スポーツ事故発生の問題点を解説しています。さらに、附録には、スポーツ事故関連法の解説を収録するなど、さまざまな情報を網羅させました。

1章で、スポーツ事故の類型、判例から見る事故類型、法的責任の所在などについてまとめています。2章・3章では競技種目/施設ごとに起こり得る事故についての対策、法的問題点などをまとめました。4章では、1 ~ 3章を踏まえて、事故を起こさないためになさねばならないことを、さまざまな角度からまとめています。また、体罰、暴力、いじめ、イップスなども広義のスポーツ事故であると考え、法的問題点について解説をしています。

 

※ スポーツ事故に関する講習会、セミナーの開催をお手伝い致します。講習会、セミナーの企画立案から本書籍執筆者の派遣、講習会参加者へ配布するためのまとめ買い割引などご提示致します。お気軽にお問合せください。

目 次 CONTENTS

1 「スポーツ事故事例類型と法的責任」

1 主な事故事例

2 判例からみる事故の類型パターン

3 施設所有者・管理者の法的責任

4 指定管理者の法的責任

5 指導者・監督・保護者などの法的責任

6 スポーツ器具製造者などの法的責任

コラム 「コンタクトスポーツの安全性」

 

2 「事故の原因と対処法(競技種目編)」

《球技》

1 野球

2 サッカー

3 テニス

4 バドミントン

5 バスケットボール

6 バレーボール

7 ラクロス

8 ゴルフ

9 ラグビー

10 アイスホッケー

《伝統武術・格闘技》

1 柔道

2 剣道

3 空手

4 相撲

5 アーチェリー/弓道

6 ボクシング

7 レスリング

《陸上競技・体操競技・水泳・ウエイトリフティング》

1 陸上競技(トラック)

2 陸上競技(跳躍)

3 陸上競技(投てき)

4 陸上競技(ロード)

5 体操競技

6 水泳

7 ウエイトリフティング

《季節スポーツ・自然系スポーツ》

1 スキー/スノーボード

2 フィギュアスケート/スピードスケート

3 オープンウォータースイミング

4 スキューバダイビング

5 パラセーリング

6 パラグライダー/ハンググライダー

7 トライアスロン

8 登山/クライミング

9 馬術

《レクリエーションスポーツ》

1 ゲートボール

2 ターゲット・バードゴルフ

《障がい者スポーツ》

1 障がい者スポーツ

コラム「スポーツ法の実践」

 

3 「事故の原因と対処法(施設編)」

1 体育施設総論

2 体育施設器具

3 野球場

4 サッカースタジアム

5 体育館

6 プール

7 陸上競技場

8 フィットネスクラブ

9 公園施設

10 モータースポーツ場

11 スキー場

コラム 「スポーツ事故予防には具体的な基準が必要」
 

4 「安全対策各論」

1 スポーツ現場における安全管理体制の構築

2 エマージェンシーアクションプラン(EAP)

3 緊急時の救急対応

4 事故発生後の対応および再発予防

5 施設に常備すべきマニュアルおよび日誌

6 応急対応(突然死とAED

7 応急対応(脳振盪)

8 天災対応(落雷・熱中症など)

9 各種保険制度について

10 指導者による暴力/グループ内のいじめ

11 イップスについて

12 免責同意

コラム 「損害賠償金と慰謝料」

 

《附録》

1 スポーツ事故関連法の解説

2 民事訴訟・刑事訴訟手続の基本的な流れ

3 主要スポーツ事故判例

4 関係省庁、関係諸団体法令・通達一覧

索引/スポーツ事故に関する記事/著者略歴/スポーツに関する問題の相談窓口一覧

ISBN 978-4-924833-70-8 B5判 320頁
著者:弁護士によるスポーツ安全対策検討委員会 編者:大橋 卓生、合田 雄治郎、西脇 威夫

屋外体育施設の建設指針(平成29年改訂版)

各種スポーツ施設の建設・改築計画から施工方法について解説をした基本書。給水・排水設備にいたる設計面と舗装、用器具、付帯施設、観覧席など施工のポイントを解説。ロングパイル人工芝など最新動向も取り入れた改訂版。

  • 屋外体育施設の現状
  • 各種体育施設の設計
    1. 共通事項
    2. 運動公園
    3. 陸上競技場
    4. 野球場
    5. テニスコート(公式テニス・ソフトテニス)
    6. サッカー場
    7. 8人制サッカー場
    8. フットサル場
    9. ラグビーフットボール場
    10. アメリカンフットボール場
    11. ホッケー場
    12. ゲートボール場
    13. 学校屋外運動場
    14. 相撲場
    15. 弓道場
    16. アーチェリー場
    17. ローラースケート場
    18. ラクロスコート
    19. レクリエーションおよびニュースポーツ
  • グラウンドの舗装
    1. グラウンドの舗装
    2. クレイ系舗装
    3. 芝生舗装
    4. 全天候型舗装

発行:公益財団法人日本体育施設協会屋外体育施設部会
ISBN:978-4-924833-66-1

スポーツ照明の設計マニュアル(改訂3版)

LED照明の一般化、2011年に制定されたJIS基準に照らし、スポーツ施設照明設備を管理・運用、改修新設を計画される方々を対象に、最新の照明機材やスポーツ照明の考え方について分かり易く解説した期待の改訂版です。

【目次】
第1編 照明設計

  • テニスコート
  • 野球場
  • 陸上競技場・サッカー場・ラグビー場
  • 屋内運動場
  • 屋内水泳プール
  • テレビジョン撮影
  • 周辺環境への配慮
  • 照明要件の重要性の目安
  • 照明設計のフローチャート
  • 照明環境の検証

第2編 照明器材

  • ランプ
  • 安定器及びLED電源装置
  • 照明器具
  • 点灯制御装置
  • 照明柱
  • 付帯機器
  • LED照明器具選定時の注意事項

第3編 保守・管理

  • 保守率
  • 照明設備の設置方法
  • リニューアル

付属資料

  • 用語及び定義
  • 現行JIS基準の照明要件
  • 競技団体別基準表
  • 照度測定方法

スポーツ照明の建設マニュアル
発行:(公財)日本体育施設協会スポーツ照明部会  2,200円(本体)
ISBN:978-4-924833-63-0