「SF月刊体育施設」スポーツ事故対策ウェビナーのご案内

開催に当たって

 弊社は、1979年「月刊体育施設」の拡大創刊以降、常にスポーツ事故対策に関心を寄せ、「スポーツ法学入門」「スポーツアクシデント」「スポーツ事故対策マニュアル」などの書籍を通じて、事件・事故が起こらないよう、微力ながら力を注いでまいりました。しかしながら、いまだスポーツ活動中の事件・事故のニュース報道が後を絶ちません。
第3期スポーツ基本計画は、スポーツ施設における事故について、「国は、(公財)日本スポーツ施設協会や地方公共団体等の関係者と十分に連携して…、施設の安全確保を推進する」旨、明示していまます。
 今回、スポーツ施設に携わる私たちがそれぞれの立場で事故防止対策について考える機会が必要であると考え、(公財)日本スポーツ施設協会に後援いただき、スポーツ事故の原因と対策、事故後対応についてのウェピナーを企画いたしました。スポーツ施設に携わる多くの皆さま方にとって関心の高い内容であろうと存じます。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

開催予定日:①2022年 9月14日(水)~16日(金)13時~16時30分 防球ネットの高さの理想と現実
      ②2022年 9月28日(水)~30日(金)13時~16時30分 スポーツ器具に関連する事故
      ③2022年10月12日(水)~14日(金)13時~16時30分 スポーツイベントに関連する事故
参加費  :一般の方 1回8,800円 2回14,300円 3回19,800円(税込、テキスト代含)
      (公財)日本スポーツ施設協会加盟団体・公認資格保有者の方
           1回7,700円 2回13,200円 3回18,700円(税込、テキスト代含)
対象   :都道府県・市区町村の地方公共団体スポーツ関連施設、公園、学校教育所管課の方、公共スポーツ施設管理者の方、国公私立学校、各種競技団体、器具や防球ネットのメーカー、施工会社の方など
申込締切 :2022年9月2日(金)  

セミナープログラム

防球ネットの理想と現実(野球場・ゴルフ場・テニスコートを中心に)

  • スポーツ事故概論(30分)ー判例から事故の原因と対策を導く方法ー       弁護士 多賀 啓
  • 防球ネットの高さと配置の理想(50分)ー防球ネット事故判例から導くー     弁護士 西脇 威夫
  • 防球ネットの高さと配置の現実(50分)ー施工現場の現実ー           (公財)日本スポーツ施設協会屋外施設部会 後藤 正臣
  • ディスカッション(50分)

スポーツ器具に関連する事故の対策(メーカー、利用者、施設の責任の所在)

  • スポーツ器具に関連する事故における責任の所在(30分)            弁護士 多賀 啓
  • スポーツ器具に関連する事故の主な判例からひも解く対策(50分)        弁護士 西脇 威夫
  • スポーツ器具の正し使い方と安全点検の手法(50分)
    (公財)日本スポーツ施設協会施設用器具部会 瀬戸口 祐剛/角谷 慈樹
  • ディスカッション(50分)

イベント開催時の事故の対策と法的責任(メーカー、利用者、施設の責任の所在)

  • スポーツイベントの計画と実施(50分)
                (株)日本スポーツコミッション 羽染 功一
  • イベント開催におけるリスク(50分)                     弁護士 西脇 威夫
  • 調整中(50分)
  • ディスカッション(50分)
申し込み方法

下記フォームに必要事項をご入力の上、お申し込みください。お申込み受付後、セミナー事務局より電話・メールにてご連絡いたします。連絡がない場合は、大変恐縮ですがお問合せください。
参加申し込み後、参加費を下記口座へご入金ください。入金確認後に当日アクセスいただく、URLと
ID・パスワードをご連絡いたします。
※恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。
※お振込みいただいた参加費の払い戻しは一切いたしませんのでご注意ください。

振込先

株式会社体育施設出版 みずほ銀行(金融機関コード0001)浜松町支店(店番号148) 普通 1375970

お申込み
お問合せ

株式会社体育施設出版 ウェビナー事務局 上野まで
事務局住所 〒105-0014 東京都港区芝2-27-8 VORT芝公園1階  03-3457-7122 メール seminar@taiiku.co.jp