月刊体育施設とは

※月刊体育施設は、公益財団法人日本体育施設協会の機関誌としての立場から、現在購読いただいていない教育委員会にも広く配布しており、すべての教育委員会をカバーしているといえます。

※最近の委託管理の促進(特に指定管理者制度)、レジャー、リゾート、民活や、PFI事業などによる施設整備の動きにあわせて、こうした分野でのご購読件数も増加しております。

◆月刊体育施設定期ご購読のご案内

一歩リードするために

材や施設建設に携わる業種の方には、一歩上をいくセールストークの話題が沢山詰まっています。

施設の管理運営をされている方は

指定管理者制度」や「ロングパイル人工芝」など、様々な新しい分野、サービス、制度など課題は山積しております。対処方法が見つかるはずです。

予算減の中、購読を続けるのには訳があります。

読者の声、問い合わせには敏感に反応し、その時々のニーズに応えています。だから、今必要な情報がすぐに入手できます。
また、全国47都道府県の体育施設協会の方に編集協力員として誌面づくりに参加していただいています。だから現場の生の声が詰まっているのです。

広く大きな信頼をいただいております。

公益財団法人日本体育施設協会の機関誌として、拡大創刊以来36年に渡り、先見性、専門性などを追求し編集発行をしております。

今、定期購読を開始すると、

通常 1,300円×12冊+増刊号3冊(800円+1,000円+5,000円)=22,400円(税抜)
1年一括前払い特別価格 1,150円×12冊=13,800円(税抜)
(増刊号は定期購読特典として無料配布サービスで38%割引)
定期購読者限定の嬉しいキャンペーンなど特典盛りだくさんです。
○ その他、年間後払い、半年毎後払い(年間購読料14,400円(税抜))などご相談に応じます。

○ ご購読をご検討する際の、資料としてバックナンバーを3冊まで無料でお送りします。ご遠慮なくお申し出下さい。
○ 年度途中でお申込の場合、各年間定期購読代金の1ヶ月相当分×4月号(3月発売)までの冊数のご請求となります。
次年度より通常1年間の購 読とさせて頂きます。
○ お申込後、年度途中での解約は一切受け付けておりません。